--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.27

手打ちらーめん天狗@館林

会社から自宅までの距離が微妙にあり、途中で腹がググゥーと
なって、腹が減ると極端に集中力が欠ける俺…。こんなんじゃ
運転が危ない!!何か腹に入れなければ…じゃぁ、ラーですねw
そんなこんなで、会社から自宅までの通勤経路中にあるこちらの
駐車場に滑り込む訳ですなw
もう何度か来てるけど、御無沙汰だったような気がする。
天狗と言えば、俺的には「スタミナらーめん」と「餃子」です^^

〔スタミナらーめん@630円〕
DVC00364.jpg
ニラとモヤシを炒めて餡かけ状態にしたものを投入してあります。
熱々過ぎて湯気で写メが曇ってしもーた^^;
スープは多分、通常のらーめんのスープにかなりのニンニクを
加えてある感じです。口内がニンニクで占領されるほど、ニンニクが
たっぷりです。明日まで残りそう…( ´д`)=з
でも何か好きなんだよねコレ。ジャンクなのに美味いしw

〔餃子@350円〕
DVC00362.jpg
7個で350円ってかなりお得感があると思わない!?しかも美味いし。
ちなみにこの写メは土曜の夜に瓶ビールと餃子を満喫した絵面っす♪
らーめんは今日食べたものだよ。

スポンサーサイト
2008.11.30

夢現@館林

先日、もう一つの館林に出来た新店『青竹手打ちラーメン夢現』に
行ってきた。こちらは田村家と比べると立地条件はあまり良くない。
まだ若い店主はやまや食堂分店出身との事。

DVC00357.jpg

〔らーめん@600円だったような;〕
DVC00356.jpg
ザ・館林スタイルなラーメン。可も無く不可も無く。。
スープを一口飲んで直ぐに広がる濃厚な旨味。
課長さんが頑張ってます。豚、鶏ガラ、昆布がベースかな。
館林の人には受け入れやすい味だと思う。
俺の感想としては…正直好みじゃないな。。
今度行く機会があれば、塩を食べてみよう^^


2008.11.30

田村家@館林

明日から早いもんで師走ですね。如何御過ごしでしょうか。
しかし、寒いです。道産子な俺ですが寒がりです。
館林は新店ラッシュで2軒、近場に出来たので行ってみた。
県道7号線、ハーマンの向かい『横浜らーめん田村家』へ。
手打ち麺と化調が際立つココ、館林エリアに家系進出か。

DVC00354.jpg

出足好調と見えて中々のお客の入り。店員が多すぎる割に
回転が遅い。お年寄りが券売機の前で立ち往生…
地元のお年寄りには券売機は無理があるかもしれんなぁ。
色んなうんちくが壁に書かれていた。好意的には思えないな。
『ごまかし無しの直球勝負です』とか…『うまいぜ』みたいな。。

〔らーめん@いくらか度忘れ〕
DVC00353.jpg
食券を渡す際に、濃度・麺の固さ・油の量を聞かれた。全部普通にしたw
俺、家系ラーメンはあまり好きじゃないし、食べないんだけど
家系なら家系らしいガツンとしたラーメンを食べたかったんだけど
かなりライトな豚骨醤油で味の奥行きもコクも何も感じられない。
麺が悪くないだけに勿体無い気がする。正直もう行かないと思う。

2008.10.13

梅田飯店@桐生

先日、友達と月一(月一回、毎月第一土曜日開催)の
骨董市へ桐生弁天に行ってきた。毎月は行ってないんだけど
友達に付き合って行っている。俺は全く骨董に興味無いんだけど
骨董市を見に来ている和着物の女性には興味あるので行っている
…ってのは冗談っす( ̄m ̄;)あやしい??
2008_1004_133933AA.jpg

桐生と言えば…そう、、西の西陣、東の桐生と言われるくらい
お馴染みの織物文化が根付いた地で街中もノスタルジーな
風情が漂う。そんな独自な文化を持つ桐生は食文化にも
異彩を放っているのだろうか…桐生の街中から山の方へ
梅田湖へ向かう途中、辺鄙な場所に駐車場が満車状態の
繁盛店、『梅田飯店』へ行ってきた。こちらは『帯麺』が名物。
今まで気にはなってたけど、未訪だった。
2008_1004_125126AA.jpg

〔メニュー〕
2008_1004_120830AA.jpg
2008_1004_120806AA.jpg

〔帯塩ラーメン@730円〕
2008_1004_122911AA.jpg
丼から魚介の香りがたちこめる。スープは魚介強めで鶏と豚を
感じる。透明度の高いスープだが、しっかりとした味付け。
スープはかなりの熱々。まろやか且つキレのある塩だな。
2008_1004_123033AA.jpg
そしてこの帯麺、こんなん食ったことないってくらい幅広極薄の麺。
食感はワンタンライク。普通のラーメンみたいにズルズル~っと
啜れないし、重いし、熱いし…兎に角、食いづらい難点はあるが
面白い麺だ。しかも腹がいっぱいになるから満足感はあるなw

2008.10.13

ぽれぽれ@館林

先月、久々に館林にある『ラーメン厨房ぽれぽれ』で晩飯。
友達と気合いを入れに『闘魂』をよく食べに来たんだけど
最近は御無沙汰になってしまった。。
2008_0915_181527AA.jpg

〔手打ち塩ラーメン@600円〕
2008_0915_180159AA.jpg
透明度の高いスープに自家製の手打ち麺がひらりと泳ぐ。
県産の小麦を使用しているとの事。もちっとしつつなめらかな麺。
小麦の甘さを感じるのは、このスープの塩気が引き出しているのか?
鶏ガラと魚介ベースだと思うが、強すぎず優しい出汁感。
生姜と胡麻も良いアクセントになっていてバランスのとれた一杯に
仕上がっている。チャーシューは俺の好きなバラロールで美味い。
創作ラーメンが真骨頂のこの店で食べられるシンプルだけど
しっかり美味い塩ラーメンだな(*^-^)b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。